1. HOME
  2. 技術紹介
  3. 薬液注入工法
  4. 二重管ストレーナ工法

薬液注入工法

CHEMICAL GROUTING

薬液注入工法

二重管ストレーナ工法

二重管ストレーナ工法

概 要

二重管ストレーナ工法は、二重管構造になった注入ロッドを使用する方式で、単相式と複相式の注入方式があります。二重管ロッドで所定の深度まで削孔した後、単相式は固結時間の短い薬液を注入し地盤強化や止水を図ります。複相式は、一次注入として固結時間の短い薬液を注入しロッド周辺の緩み部にパッカ形成した後、二次注入として固結時間の長い薬液を対象地盤に注入するものであります。

用 途

  • ライナープレート立坑の側部、底部の遮水、崩壊防止
  • 鋼矢板立坑底盤部のボイリング防止
  • 土留め欠損部の遮水、崩壊防止
  • シールド又は推進の発進、到達防護、切羽崩壊防止
  • シールド曲線部の地盤強化

特 徴

  • ほとんどの地盤に適用可能である。
  • 削孔と注入が連続して施工できる。
  • 一次注入により層境や、空隙等の逸失しやすい箇所の処理ができる。
  • 瞬結注入材のパッカ効果により、地上への逸出が無い。
  • 機械設備がコンパクトで、狭小の場所でも施工が可能。
◆施工手順

(一般社団法人)日本グラウト協会
https://www.japan-grout.jp/