1. HOME
  2. 技術紹介
  3. 高圧噴射工法
  4. ジェットクラウト工法(JSG・CJG)

高圧噴射工法

HIGH PRESSURE INJECTION

高圧噴射工法

ジェットクラウト工法(JSG・CJG)

JSG(二重管工法)

概 要
回転する二重管ロッドから空気を伴った超高圧硬化材を横方向に噴射することで地盤を切削し、スライムを地表に排出させると同時に円柱状の改良体を造成する工法です。 



CJG
(三重管工法)
概 要
回転する三重管ロッドから空気を伴った超高圧水を横方向に噴射することで地盤を切削するとともに硬化材を充填し、スライムを地表に排出させると同時に円柱状の改良体を造成する工法です。

用 途

  • 掘削時の地盤改良(ボイリング防止・ヒービング防止)
  • 土留め工補助(土留め欠損部の止水、地盤強化・背面部の土留め補助)
  • 推進工事の管路防護(鏡切部、推進部、到達部の止水及び地盤強化)
  • 既設構造物の補強
  • 液状化防止

特 徴

  • 地盤を強制的に破壊し改良体を造成するため信頼性の高い地盤改良が可能
  • 粘性土から砂地盤まで良好な改良体の造成が可能
    ◇土質と改良径(JSG

    対応土質

    対応N値(硬質度)

    改良径

    砂質土

    050

    φ1.00mφ2.00m

    粘性土

    04

    φ1.00mφ2.00m

    土質と改良径(CJG

    対応土質

    対応N値(硬質度)

    改良径

    砂質土

    0~200

    φ1.00mφ2.00m

    粘性土

    0~9

    φ1.00mφ2.00m

  • 改良体同士の密着性が高い(止水効果に優れている)
  • 目的にあった改良強度を選択できる。(材料の選択)
  • 地盤条件によりJSG工法とCJG工法の選択が可能